2010年12月24日

そのほかのサラリーマンのサイドビジネス

サラリーマンができるサイドビジネスにはいろいろありますが、どんなサイドビジネスをやろうか迷っている人には、次のような条件をもとに選ぶといいかもしれません。


・本業を圧迫させないこと

・確実な収益が見込めること

・初期投資費用はなるべくかけないこと


サイドビジネスは、あくまで本業のさわりにならないよう行う必要があります。またすぐに収入につながらなくても、あきらめずにやり続けることも大事。


また、サラリーマンができるサイドビジネスも資格や技術があれば、幅が広まります。


例えば、語学ができれば翻訳、デザインができたり絵が描けるならPOP、毛筆ができるなら筆耕、ほかにも校正、ライターなど。


ほかに、通信添削や雑誌特派員、アイディア登録といったものもあります。


いずれ独立開業を目指すのであれば、フランチャイズやコンサルティングなどもいいでしょうし、資格を取ったり、技能を身に付ける必要もあるかもしれません。
posted by KIIIII at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。