2011年01月27日

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資は、低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されています。


不動産投資で現在注目されているのが、家賃収入を目的とした不動産の購入です。サイドビジネスとしてはじめる人も多いようです。


不動産投資のメリットはというと、


・毎月、安定収入が得られる〜入居者が確保できれば安定した収入が見込める。

・資金調達がしやすい〜自己資金が少なくても、投資する不動産およびそこから得られる収益を担保にお金を借りることが可能。

・売却益ができる〜地価が上昇すれば売却益が得られる可能性がある。

・事業へ関与できる〜物件の選定や不動産会社の選定、賃貸管理や売却まで、自分自身が事業に関与することによって、収益を上げることができる。


などが挙げられます。一方、デメリットはというと、


・空室〜空室期間があると収益にならない。

・資産価値・売却価格下落〜地価が下落すると資産としての価値が低くなる。

・災害〜地震や火災により、建物が倒壊・消失してしまうリスクがある。

・流動性の低さ〜現金が必要になっても、すぐに現金化できない。


いかなる投資にもリスクはつきものですが、不動産投資で大事なことは、


・第三者や専門家の意見を踏まえて、客観的に数字で判断し採算性を適切に判断すること。

・あちらこちらに情報のアンテナを張り巡らし常に情報を入れること。


ミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資。将来的な年金不安を補うのに適しているとされ、退職金の運用先としても注目を浴びています。
posted by KIIIII at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。